次世代の消費者を取り込む未来のレストラン

次世代の消費者を取り込む未来のレストラン

COVID-19の流行により、消費者の利便性やシームレスなデジタル体験への要求はますます高まっています。次世代の消費者を獲得するために、飲食店はどのようにして新しい利便性とデジタルエコシステムを利用して顧客体験を向上させることができるのでしょうか?レストランゲストの消費パターンを形成している3つのトレンドへの洞察と、未来のレストランが成功するために取るべき行動について考察します。

未来のレストランを形作る3つのトレンド

お客様は、オンプレミスでもオフプレミスでも、食事をする際には利便性やデジタルなつながりを求めていました。そして今、安全性への新たな関心がこれらの要求を高めています。

デロイトは、COVID-19の発生前と発生後に消費者調査を実施し、既存のトレンドとパンデミックがその軌跡に与えた影響を測定することができました。また、この調査データを補完するために、ブランドの経営者に1対1のインタビューを行いました。このインタビューでは、レストランのセグメントやカテゴリーごとに、どのような傾向が見られるかを把握し、お客様のニーズに応えるためにブランドがどのような調整を行っているかについて、生の声を聞くことができました。

これらの調査に基づき、私たちは、レストランのお客様の消費パターンを形成している3つの主要なトレンドについての洞察を得ました。

究極の利便性

消費者は常に利便性を求めており、よりオフプレミスな世界では、ドライブスルー、テイクアウト、デリバリーが重要になります。

フリクションレスなデジタル体験

テクノロジーに精通した消費者は、レストランにデジタル・エンゲージメントを求め、自分を認識し、好みを把握してくれる最先端のレストラン・テクノロジー・オプションを求めています。

COVID-19をきっかけに高まった安全性

リモートワークモデルや混雑回避は、人々の食生活を変えていくトレンドの一つです。